「とある魔術の禁書目録 1」の評価・分析【ネタバレなし】

ライトノベル小説

ネタバレ一切無しで読む前に品定めしましょう!
筆者の主観で、ライトノベルの評価(感想)と分析をしています。
現状、各作品1巻のみに限定しています。


ネタバレなしのライトノベル評価&分析「とある魔術の禁書目録 1 」


スポンサーリンク

「とある魔術の禁書目録 1」の評価&分析


評価結果

評価

未来?自然+チートです。

舞台は日本ですが明確な西暦表記はありません。
未来なのか、どこかの時点で分岐した平行世界なのかは不明です。

主人公はチートではあるのですが、条件がそろわないと一般人とかわりありません。
当該世界で特別な力をもつ人たちに対してチートが発動します。

チートが特殊なので「Excited scene」が伸びなかった印象です。

※評価は、最高で5星です。


作品データ

作品名とある魔術の禁書目録 1
著者名鎌池 和馬
出版社名KADOKAWA
出版年月2004.4


ストーリー属性分類

舞台未来?
導入状況自然
能力状況チート
魔法・スキル
異種族×
主人公性別男性
主人公年齢区分青年期
恋愛
ハーレム×
エロ


Excited scene -興奮場面- 分布と頻度分析

「とある魔術の禁書目録 1」Excited scene -興奮場面- 分布と頻度分析

11.760ページに1回のExcited scene(興奮場面)

白ラインが当該作品内で筆者が興奮した場面を表しています。


当コンテンツの見方について

当コンテンツの詳細な説明は以下のページにまとめています。


ラノベおすすめランキング

「Excited scene」のみで評価したランキングです。

スポンサーリンク