ダイソー耐熱六角箸【レビュー】

2020-05-13100円ショップダイソー

ダイソーで販売されていた持ち手が六角形になっている箸(はし)を実際に使用してみた感想をまとめました。


ダイソー耐熱六角箸【レビュー】


スポンサーリンク

ダイソー耐熱六角箸を使ってみた結果

今回、調理箸としても使えそうなものをダイソーに買いに行きました。

材質については木製や竹製のものでも悪くはないのですが、箸に調味料などが染み込む可能性がない材質のほうが好ましいという結論になりました。

その中で、「2膳セット」というお得感と「耐熱」であること、「つかみやすい・握りやすい」という謳い文句が書かれていた当該商品を買ってみることにしました。

前置きはこのくらいにして、実際に使ってみた感想を書きます。

まず、普通に使う分にはまったく問題ありません。

ただし、食べ物を箸で挟んで切る場合に、六角の角に丸みがないので力を加えると指が痛くなってしまいます

グリップを重視してエッジが効いた状態にしているのですが、もう少し角を落として丸みを出したほうが使い勝手が良いと感じました。

次に、良い点を挙げます。

この箸は、先端から1/3は四角形、残りは六角形という形状になっています。

四角形にしている理由は、つかみやすくするためです。

ですから、使うときにはまず先端の四角形の辺と辺が合うようにしてから握るようにすると食べ物をつかみやすくなります

筆者は、調理箸用途としても使うので実際に炒めものを調理してみましたが、全く問題ありませんでした。

耐熱温度は、220℃という表記があります。


まとめ

結論としては、食べ物を箸で切るときに指が痛い点以外は全く問題ありません。

箸で挟んで食べ物を切ることが多い人には向かないでしょう。

そういった方は、丸い形状の箸を使うか、角が丸みを帯びているものを選ぶと良いと思います。


スポンサーリンク