痩せない原因その2:充分な栄養管理ができていない

2020-02-17ダイエット

ダイエットを成功させるには、複数の条件を満たす必要があります。
「痩せない原因その1:消費カロリー>摂取カロリーが出来ていない」に続いて2つ目の原因、栄養管理についてご紹介していきたいと思います。


痩せない十分な栄養


スポンサーリンク

ダイエット時に栄養管理が必要な理由

当然のことですが、体の機能を維持していくために栄養素は必要不可欠です。

もし不足して栄養失調になれば、健康に問題が生じてしまいます。

更に、栄養失調には、ダイエット時には見過ごすことのできないマイナスの効果があります。

それは、「太りやすい体内環境になってしまう」ことです。

私達の体内には、不測の事態が起きると、それを防ごうとする調整機能(ホメオスタシス)が存在します。

必要な栄養素が体内に入ってこなければ、生命の危機だと体が判断し、以下のようなことが起こります。


  • 脂肪を溜め込みやすくなる
  • 省エネモードに入る(代謝が落ちる)

これらは本来、己の身を守るための機能ですが、ダイエット視点でとらえると最悪な状態と言えます。

痩せたいという気持ちとは裏腹に、太りやすい体になってしまうんですね。

これを回避するには、しっかりした栄養管理が必要になります。


栄養管理の方法

ダイエットの為に食事制限をし、摂取カロリーを減らすわけですが、そうすると摂取できる栄養素も減ってしまうことになります。

ただでさえ日本人は、複数の栄養素が慢性的に不足しがちだといわれていますので、思った以上に簡単に栄養失調状態になると考えた方が良いでしょう。

なので、栄養補給とダイエットを両立する為にはカロリーがほとんどないサプリメントを活用する必要がでてきます。

手軽なのは、マルチビタミン・ミネラル系のサプリメントです。
可能なら、これらに加えてアミノ酸系のサプリメントもとれば、基礎代謝にかかわる筋肉量の維持や向上に貢献してくれるでしょう。

良い栄養状態をキープすることは、健康のみならずダイエットにも大きな意味があるということをしっかり理解することが大切です。


ダイエットが停滞した場合

ホメオスタシスは、栄養不足のみならず摂取カロリー量の低下によっても起きることがわかってきました。

停滞期に入り、なかなか体重が減らなくなってしまった場合は、数日間摂取カロリーを増やしてみると解除が早まるといわれています。

具体的にどのくらいの日数でどの程度量を増やすかは個人差があるので、探りながら進める必要があります。


まとめ

まず大事なのは、カロリーは減らすが栄養素は減らさないように心がけることです。

元々、栄養バランスに自信がある人でも、念の為サプリメントでしっかり栄養補給をするほうが無難です。

そして、停滞期に入った場合には、一旦制限を解いてカロリー摂取を増やし、ホメオスタシスの早い解除を試みるのもよいでしょう。

ダイエットは原理原則にのっとった形で進めていき、自分の状態を常に把握し調整していく事が大切です。




スポンサーリンク