日本人の食事摂取基準2015年版の変更点について

2015-08-24ヘルス

日本人の食事摂取基準2015年版の変更点

日本人の食事摂取基準2015年版が厚労省から出されていますが、前回の2010年版からの変更点について、日本人の食事摂取基準とは何かという事も含めてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

日本人の食事摂取基準とは

日本人の食事摂取基準とは何なのか?
これに関しては、実際に厚労省のHPに書いてある文言を引用させてもらいます。

「日本人の食事摂取基準は、健康増進法(平成14年法律第103号)第30条の2に基づき、国民の健康の保持・増進を図る上で摂取することが望ましいエネルギー及び栄養素の量の基準を厚生労働大臣が定めるもので、5年毎に改定を行っています。」

(厚生労働省HPより引用)

以上のような趣旨で発表されているデータです。

2015年度版は、平成27年度から平成32年度の5年間使用されることになります。

用途としては、健康やダイエットなどを行うあるいは扱う個人や法人などが参考データとして使用するものだと考えれば良いと思います。

厚労省が出すデータなので一定の信頼性が担保できるというのが一番大きいポイントですね。

日本人の食事摂取基準2015年版の変更点について

日本人の食事摂取基準2015年版の変更点

日本人の食事摂取基準2015年版の変更点について簡単にまとめてみると以下の3点になります。

  1. 日本人の食事摂取基準の策定目的に、生活習慣病の予防に加えて、患者の病状悪化を抑制するという視点を盛り込んだ。
  2. BMIという国際的な体格指数を採用。これにより年齢層別の目標範囲BMI数値が示された。
  3. 生活習慣病予防の為に更なる目標量が設定がされた。具体的には、食塩の目標量の引き下げ。また、若いうちから生活習慣病を予防するという視点から、6-17歳の食物繊維・カリウムの目標量が追加された。

今回の改定には、高齢化が進んだ事とそれによって生活習慣病の有病者が増加しているという背景があります。

また、健康を担保する上で、個々の体格を考慮する必要があるという判断がされました。
これは考えてみれば当然のことで、取り入れられるのが遅かったという印象です。

18歳以上の目標BMI範囲は以下の通りです。

18-49歳:18.5-24.9
50-69歳:20-24.9
70歳以上:21.5-24.9
※あくまでも参考値。総死亡率が最も低かったBMI数値をベースにしています。

以下サイトでBMI計算ができます。
BMI&逆算BMI計算機でダイエット目標設定

1日のナトリウム摂取目標量を食塩相当量であらわすと以下のように引き下げられました。
成人男性:8g未満(2010年版 9g未満)
成人女性:7g未満(2010年版 7.5g未満)
※2010年版の数値目標も達成できていない状況でさらに目標量が下げられた形になります。

以下で減塩用の計算ができます。
減塩をサポート、ナトリウム→食塩相当量変換&塩分摂取量計算機

今回、6-17歳においても、生活習慣病予防のために食物繊維とカリウムの目標量が設定されましたので掲載しておきます。

1日の食物繊維摂取目標量

6-7歳:男性11g以上・女性10g以上
8-9歳:男性12g以上・女性12g以上
10-11歳:男性13g以上・女性13g以上
12-14歳:男性17g以上・女性16g以上
15-17歳:男性19g以上・女性17g以上
18-29歳:男性20g以上・女性18g以上
30-49歳:男性20g以上・女性18g以上
50-69歳:男性20g以上・女性18g以上
70歳以上:男性19g以上・女性17g以上
※食物繊維は日本人に不足している栄養素の1つです。

1日のカリウム摂取目標量

6-7歳:男性1800mg以上・女性1800mg以上
8-9歳:男性2000mg以上・女性2000mg以上
10-11歳:男性2200mg以上・女性2000mg以上
12-14歳:男性2600mg以上・女性2400mg以上
15-17歳:男性3000mg以上・女性2600mg以上
18-29歳:男性3000mg以上(2010年:2800mg以上)・女性2600mg以上(2010年:2700mg以上)
30-49歳:男性3000mg以上(2010年:2900mg以上)・女性2600mg以上(2010年:2800mg以上)
50-69歳:男性3000mg以上・女性2600mg以上(2010年:3000mg以上)
70歳以上:男性3000mg以上・女性2600mg以上(2010年:2900mg以上)

※カリウムは、高血圧予防の観点から目標量が設定されています。また、2010年版と比較して増加しています。

以上が、日本人の食事摂取基準2015年版の変更点になります。

スポンサーリンク