ダイエット中でも揚げ物を食べたい!

2015-07-08ダイエット

ダイエット中の唐揚げ

ダイエット時に、揚げ物などの油をたくさん使うものはもってのほか。
と思っている方も多いと思います。

今回は、ダイエット中に揚げ物を食べることについて考えていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

ダイエット中に揚げ物を食べてはダメなのか?

ダイエット成功を継続している私の視点から言いますと、
揚げ物やお肉などを食べることは全く気にしていないというのが正直なところです。

脂質よりも、糖質をある程度カットするほうが効果があります。
多くの人は、脂質の摂り過ぎよりも糖質のとりすぎに気づくべきです。
注意深く自分の食行動を観察すると驚くほど糖質をとっていることがわかるでしょう。

話がそれましたね。
脂質に関しては、基本的にはそこまで気にしなくとも良いと思いますが、
もちろん摂り過ぎはよくありません。
それに、ダイエット中なのでカロリーの制限は確実に守らなければなりませんね。

次の項目から脂質の吸収やエネルギー消費をコントロールするための方法などをご紹介します。

 

食物繊維を先に摂る


油物を摂る前には、野菜などの食物繊維をとると吸収率を低くする
ことができます。
また、血糖値の上昇もゆるめてくれますので、おすすめです。

食事の時は、まずサラダを一気に食べましょう。
一気といっても、早食いをするのではなくよく噛んで食べましょう。
可能なら、サラダなどの食物繊維→肉や魚などのタンパク質→ご飯などの糖質という順番に食べていくのが良いです。

ご飯を最後に持ってくることで、糖質の吸収と血糖値の上昇を抑える事ができますし、ご飯自体の摂取量も抑えることができます。
ある程度時間をかけて食べていればご飯を食べるときにはかなり満腹感がでているからです。

私の場合、サラダを先に食べるのは絶対ですが、他の順番は結構混ざってしまいます。
しかし、ご飯の量を制限しているので問題ないようです。
私の現在のご飯制限量は、普通の人の半分以下にしているだけです。

 

 

脂肪の代謝を促進する

ダイエットには、栄養管理が必須です。

摂ってしまった脂質を効率よくエネルギーに変えるためには、
ビタミンB2が必要になってきます。

逆に言うと、ビタミンB2が不足すると太りやすくなりますのでしっかり摂取するようにしましょう。

カロリー制限下では、全ての栄養素を必要量とるのは無理なので、
全体的な底上げをするマルチビタミン・ミネラルを利用するのがコストパフォーマンスを考えると最良です。

単品のビタミンを取るのは、ある程度、栄養素に関する知識がついてからが良いと思います。
栄養素には色々な兼ね合いがありますので、摂り過ぎてしまうと場合によっては良くない症状が出る場合もあります。

 

 

食用油について

揚げ物の場合は、食用油で揚げるわけですが、
この油自体が使い回しで酸化していたり、揚げてからの時間経過での酸化(時間が経ったお惣菜やその他加工品の場合)などを考えると体に良くないといわれています。

その逆に、油が酸化した時に生じる過酸化脂質は、経口摂取しても吸収されるのはごく少量なので大した影響はないとう情報もあります。

現状では、そこまで神経質になる必要はないと思いますが、
気になる方は、揚げ物は酸化しにくいオリーブオイルやキャノーラ油などを使ってご自身で調理をされるのが良いと思います。

以下の3つもコントロールできるので完璧ですね。

  • 油の使い回し回数を決められる
  • 揚げたてを食べられる
  • 揚げるときの油の量を決められる

スポンサーリンク